スポンサードリンク

2006年12月31日

風邪の季節はビタミンC

風邪の原因のほとんどはウイルスによるものです。誰もが発病するのではなく、体力が弱った時や、抵抗力の弱い時などにかかりやすいといわれています。風邪の予防や風邪をこじらせない為には、体の免疫力を高める必要があります。免疫力を高めるのには、ビタミンCが有効です。この季節は、風邪の予防のためにもいつもよりビタミンCを多く摂ることをお薦めします。ビタミンCというと果物からと言う人が多いでしょう。でも果物は糖分も多いので量と時間に注意をしましょう。夕食後の果物はエネルギーオーバーとなり肥満のリスクが大きくなります。

緑黄色野菜(ほうれんそう・にんじん・トマト・ピーマン・かぼちゃなど)にも多くのビタミンCが含まれています。但し、ビタミンCは加熱すると失われてしまいます。レンジ加熱やさっと過熱するようにして損失を少なくしましょう。またビタミンCは鮮度の劣化とともに失われるので、鮮度の良いものを早めに食べることです。保存する場合は冷蔵庫の野菜室に保存します。ビタミンCを多く含む食品には、ブロッコリー・芽キャベツ・ピーマン・小松菜・ほうれんそう・モロヘイヤ・柿・イチゴ・りんごなどがあります。緑茶にもビタミンCが含まれています。乾燥する冬には食後の緑茶を多く飲むようにしたいものです。

また疲れて体力が落ちると、ウイルスに感染しやすくなります。生活(過労・睡眠・食事)に気をつけ、外出後の手洗い、水(お茶も冷めたほうが良い)でうがいを励行することがかぜの予防に重要です。風邪のウイルスの中でも、冬に流行するインフルエンザウイルスなどは湿度に極めて弱い性質があります。加湿器の使用や洗濯物を部屋干しするなどで、室内の乾燥を避けることが大切です。



スポンサードリンク
posted by 健康美人 at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報

2006年12月30日

安全な食生活のために

食品売り場には、色の鮮やかなタラコ、漬物、ハム・ソーセージ、飲料類、ジャム等々に食品合成添加物が使用されている物が多く並んでいます。なるべく安全なものを買いたいですよね。その為には賞味期限だけではなく、食品に表示されている添加物を見て選ぶ必要があります。

ハム類を例に上げると
@ 品 名  ボンレスハム
  原材料名 豚もも肉、食塩、糖類(コーンシロップ、砂糖)
       香辛料、化学調味料、結着補強剤、抗酸化剤 
  賞味期限 包装表面に記載
  保存方法 10℃以下で保存 
  製造者  ○○○○

安全な食生活のためにのつづき

スポンサードリンク
posted by 健康美人 at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食品

2006年12月29日

熟睡にもゲルマニウム温浴

ゲルマニウム温浴とはゲルマニウム液に手足をつける温浴方法です。エステなどで行うことが出来ます。最近では自宅の浴槽で出来るキットも販売されています。ゲルマニウム温浴は年齢、性別を問わず、誰でも気軽にでき、発汗作用があり、血行を良くし、体調を整える効果があります。

ゲルマニウムとは鉱物アルジロライトの中に含まれる元素のひとつです。地殻周辺にある鉱物(固体)であるゲルマニウムが、土を通して植物に含まれると水溶性に変わります。前者を無機ゲルマニウム、後者を有機ゲルマニウムと呼び、両者の特徴を活かした健康方法が開発され注目を浴びています。

熟睡にもゲルマニウム温浴のつづき

スポンサードリンク
posted by 健康美人 at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | デトックス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。