スポンサードリンク

2006年12月31日

風邪の季節はビタミンC

風邪の原因のほとんどはウイルスによるものです。誰もが発病するのではなく、体力が弱った時や、抵抗力の弱い時などにかかりやすいといわれています。風邪の予防や風邪をこじらせない為には、体の免疫力を高める必要があります。免疫力を高めるのには、ビタミンCが有効です。この季節は、風邪の予防のためにもいつもよりビタミンCを多く摂ることをお薦めします。ビタミンCというと果物からと言う人が多いでしょう。でも果物は糖分も多いので量と時間に注意をしましょう。夕食後の果物はエネルギーオーバーとなり肥満のリスクが大きくなります。

緑黄色野菜(ほうれんそう・にんじん・トマト・ピーマン・かぼちゃなど)にも多くのビタミンCが含まれています。但し、ビタミンCは加熱すると失われてしまいます。レンジ加熱やさっと過熱するようにして損失を少なくしましょう。またビタミンCは鮮度の劣化とともに失われるので、鮮度の良いものを早めに食べることです。保存する場合は冷蔵庫の野菜室に保存します。ビタミンCを多く含む食品には、ブロッコリー・芽キャベツ・ピーマン・小松菜・ほうれんそう・モロヘイヤ・柿・イチゴ・りんごなどがあります。緑茶にもビタミンCが含まれています。乾燥する冬には食後の緑茶を多く飲むようにしたいものです。

また疲れて体力が落ちると、ウイルスに感染しやすくなります。生活(過労・睡眠・食事)に気をつけ、外出後の手洗い、水(お茶も冷めたほうが良い)でうがいを励行することがかぜの予防に重要です。風邪のウイルスの中でも、冬に流行するインフルエンザウイルスなどは湿度に極めて弱い性質があります。加湿器の使用や洗濯物を部屋干しするなどで、室内の乾燥を避けることが大切です。



スポンサードリンク
posted by 健康美人 at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。