スポンサードリンク

2007年01月08日

自覚症状の乏しい腎臓がん

腎臓がんは健康診断や他の疾患の検査中に偶然発見されることが多いため、罹患率が増えています。しかし、早期発見が難しい現状です。自覚症状が乏しく、血尿がすべての腎臓がんの人にあるわけでなく、腎臓がんに特有の腫瘍マーカーもないことなどの理由からです。年代的に多いのは50〜60代で、膀胱癌や前立腺癌と比較すると、10年ほど若い年代で多くなっています。

腎臓がんとは尿を作り、造血ホルモンや血圧調整ホルモンを分泌する臓器である腎臓にできる腫瘍です。全てのがんの中でも比較的稀ながんです。腎臓に出来る腫瘍は腎細胞ガンと呼ばれます。尿が通過する腎盂、尿管、膀胱、尿道の一部は移行上皮ガンと呼ばれます。

また、分類としては50歳以上に多い悪性腫瘍と小児に発生するウィルム腫瘍があります。腎臓には良性の腫瘍ができることもあります。腎臓がんは、遺伝的に発生しやすい家系があることが確認されています。初期の小さいうちはほとんど症状がないため早期発見の難しいがんです。しかし最近では、人間ドックや超音波検査により初期段階で見つかるようになってきました。発見時約30%は転移が見られるというデータがあります。

腎臓がんの原因は特定されていません。腎臓がんの症状の主な症状は、血尿・背中やわき腹の痛み・腹部の腫瘤といわれますが、これらの症状は必ずしも初期ではあらわれません。時には体重減少、食欲不振、発熱等の全身症状で見つかる場合もあります。また転移した部分の症状で見つかることもあります。腫瘍が大きくなると、血尿や疼痛の症状が出てきます。貧血、体重減少などの諸症状があらわれることもあります。腫瘍が大きくなると、リンパ節、肺、骨などの他の臓器に転移しやすいため、注意が必要です。





スポンサードリンク
posted by 健康美人 at 11:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 病気
この記事へのコメント
ユカで〜す!( ´D`) ノ プロフ作りました。興味ある方連絡まってま〜す。アドレスを乗せておくので連絡ください。色んな人の色んな話聞きたい感じですのでヨロシク〜!http://blog.johnasbia.com/
Posted by プロフ作りました at 2010年01月04日 17:57
競馬のインサイダー情報がついに流出か?急げ!→http://an.to/winwin
Posted by 「裏競馬」流出! at 2010年04月17日 16:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。