スポンサードリンク

2006年12月11日

カロリーダウンの早道

健康的にダイエットするには、食べないのではなく、カロリーを落とすことです。カロリーダウンの早道は、上手に脂肪を抑えることです。上手に脂肪を抑えることで、他の栄養素のバランスを崩すことなく、低エネルギーにすることができるのです。

ロース肉についている白い脂身や揚げ物の衣は見ればわかりますよね。でも肉の内部に含まれているものは、調理すると分かりにくいので、脂肪分の少ない素材を選ぶことが大切です。例えば、牛肉や豚肉はロース・ばら・サーロインよりも、もも肉やヒレにするか、脂身をはずして使用します。鶏肉なら皮は取り除いて使用し、もも肉よりもささみや胸肉の方が脂肪分が少ない。ベーコンやウィンナー、ひき肉などは脂肪分が多く高エネルギーなので控えめにします。

魚も、脂肪の少ないものを選びましょう。脂肪が多くてとりすぎに注意したい魚は、さば・うなぎ・まぐろのとろ・さわら・さんまなどです。脂肪が少ない魚は、まぐろ赤身・かつお・たい・ひらめ・いかなどです。また、ツナ缶は、オイル漬けではなく水煮缶を、練り製品ならはんぺんやちくわなど、揚げていないものを選ぶと良いですよ。




スポンサードリンク
posted by 健康美人 at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット

2006年11月12日

控えめにしたいもの

油脂類砂糖は控えめにしましょう。

フライは、材料の20%も油を吸ってしまいます。

高エネルギーとなるためできるだけ控えるように。

揚げ物や炒め物など、油をたっぷり使う調理法は避けましょう。

煮る蒸すゆでるなどの調理法がお薦めです。

また、フライパンを使う時はテフロン加工のものにすれば、油を使わず調理することが出来ます。
控えめにしたいもののつづき

スポンサードリンク
posted by 健康美人 at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット

食品は低エネルギー

低エネルギーの食品を選ぶことも工夫の一つです。

海藻類きのこ類野菜類などが低エネルギーの食品です。

エネルギーを気にしなくてよいため、海藻、きのこ、野菜は料理にはたっぷり使いましょう。

たっぷり使うことで、料理にボリュームを持たせることができて、満足感を得ることができます。

また、海藻、きのこ、野菜は体調を整えるミネラルビタミン、便秘を解消する食物繊維などが豊富に含まれています。

お肉が少なくても、たっぷりの野菜やきのこと一緒にとることで、満足感が得られるとともに健康的な食事になります。

スポンサードリンク
posted by 健康美人 at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。