スポンサードリンク

2006年12月29日

熟睡にもゲルマニウム温浴

ゲルマニウム温浴とはゲルマニウム液に手足をつける温浴方法です。エステなどで行うことが出来ます。最近では自宅の浴槽で出来るキットも販売されています。ゲルマニウム温浴は年齢、性別を問わず、誰でも気軽にでき、発汗作用があり、血行を良くし、体調を整える効果があります。

ゲルマニウムとは鉱物アルジロライトの中に含まれる元素のひとつです。地殻周辺にある鉱物(固体)であるゲルマニウムが、土を通して植物に含まれると水溶性に変わります。前者を無機ゲルマニウム、後者を有機ゲルマニウムと呼び、両者の特徴を活かした健康方法が開発され注目を浴びています。

熟睡にもゲルマニウム温浴のつづき



スポンサードリンク
posted by 健康美人 at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | デトックス

2006年12月25日

ゲルマニウムで酸素を

ゲルマニウムとは、金属と非金属の中間に位置する半導体のことをいいます。マイナスイオンや遠赤外線を放出する特徴やデトックス効果があります。ゲルマニウムから発するマイナスイオンが生体電流の乱れによる肩こりや疲れ、冷えなどを整えることにより、血液や神経の伝達を活発にする効果があると云われています。

またこのゲルマニウムには、体内に大量の酸素を作り出す働きもあり、デトックス効果があるということです。酸素は血液と一緒に全身に栄養を運び老廃物を回収する働きをしています。この酸素が足りなくなると身体への栄養の供給が妨げられ、老廃物も回収できずにたまってしまうのです。血管内が酸欠状態になると内皮を傷つけ、悪玉コレステロールの増加や動脈硬化の促進につながり、老化を早めることになってしまいます。つまり酸素が増えれば、デトックス効果があるということなのです。

この酸素を増やす方法に、ゲルマニウム温浴というものがあります。42〜45℃の有機ゲルマニウムを溶かしたお湯に、身体の3分の2の末梢神経が集中する手足を浸し、20分ほど温めることで皮膚呼吸によりゲルマニウムが全身に行き渡ります。ゲルマニウムが発するマイナスイオンと遠赤外線によって身体が芯から温まり、短時間で大量の汗をかくことができます。この汗は皮脂腺から出る汗なので、体内の余分な脂肪、老廃物、有害な毒素を体外へ運び出してくれるのです。新陳代謝が活性化されると自然治癒力も高まり、身体の各器官の機能も正常になり体調も整い、血液の酸欠状態も改善されるのです。

ゲルマニウム温浴は、専用のゲルマニウム温浴機が完備された施設で行うことができます。また最近では、自宅の浴槽で手軽にゲルマニウム温浴ができるボールタイプの商品なども出ています。ゲルマニウム温浴は、たった20分で、エアロビクスを2時間行った場合と同じくらいのカロリーを消費できるので、ダイエットにもおすすめです。何でもそうですが、やりすぎはかえって逆効果になります。20分以上の温浴はのぼせ状態になり、身体を疲れさせる原因になりますのでお気をつけ下さい。

スポンサードリンク
posted by 健康美人 at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | デトックス

2006年12月04日

活性酸素発生源(その他) 

活性酸素の発生源と言われているものは、さまざまあります。

大気汚染
年々深刻化する大気汚染。その原因の1つが車の排気ガスです。排気ガスには、地球温暖化の原因である炭酸ガスをはじめ、窒素酸化物や粒子状物質があります。呼吸を通じて、活性酸素を発生させる原因物質が体内に入り込んでしまいます。

紫外線
近年、オゾン層の破壊が進み、紫外線の効用以上に害が増えてきています。紫外線はA波、B波ともに細胞内に活性酸素を発生させ、皮膚や目に障害を引き起こします。できるだけ帽子をかぶったり、日焼け止めクリームを塗って紫外線を浴びないような工夫が必要です。

水道水
水道水には、塩素をはじめ微量ながらいろいろな物質が溶けています。活性酸素を発生させるもとになるトリハロメタンも水道水の中に残留しています。(もちろん基準値以下です)浄水器の使用は最低限のことです。(カートリッジの交換はこまめに)朝一番の水は飲用しない等の工夫をしましょう。

【他】
電磁波・化学薬品・X線などの検査・化粧品

それぞれに注意を心がけたいですね。

スポンサードリンク
posted by 健康美人 at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | デトックス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。