スポンサードリンク

2007年01月01日

薬茶の効能と作り方

昔から飲まれてきた薬草茶。いろいろな薬草茶がありますが、それらのいくつかを紹介します。

ドクダミ茶
ドクダミ茶の効能は、細菌やカビの繁殖予防、血管を強くする、高血圧症、鼻炎などの人の体質改善、軽い便秘などです。作り方は、花のある時期に全草を刈り取り、日干しにします。10〜15gを800mlの水で煎じて飲みます。
アシタバ茶
アシタバ茶の効能は、妊娠や腎炎によるむくみ、高血圧症、動脈硬化症、便秘などです。作り方は、春から夏の若葉を採り、水洗いをし日干しにします。乾燥したら、手でもんで細かくし、茶こしに入れて熱湯を注いで飲みます。
柿の葉茶
柿の葉茶の効能は、体の抵抗力を高める、風邪予防、高血圧症予防、動脈硬化症予防、利尿作用などがあります。作り方は、春から初夏の葉が一番よく、蒸し器に入れ、強火で2分間蒸します。すぐに冷まし、細かく刻んで絞り、あくを抜いてから日干しにします。
薬茶の効能と作り方のつづき



スポンサードリンク
posted by 健康美人 at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食品

2006年12月30日

安全な食生活のために

食品売り場には、色の鮮やかなタラコ、漬物、ハム・ソーセージ、飲料類、ジャム等々に食品合成添加物が使用されている物が多く並んでいます。なるべく安全なものを買いたいですよね。その為には賞味期限だけではなく、食品に表示されている添加物を見て選ぶ必要があります。

ハム類を例に上げると
@ 品 名  ボンレスハム
  原材料名 豚もも肉、食塩、糖類(コーンシロップ、砂糖)
       香辛料、化学調味料、結着補強剤、抗酸化剤 
  賞味期限 包装表面に記載
  保存方法 10℃以下で保存 
  製造者  ○○○○

安全な食生活のためにのつづき

スポンサードリンク
posted by 健康美人 at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食品

2006年12月15日

納豆のネバネバ

納豆と言えばネバネバ、これが健康にいい成分なのです。この納豆のネバネバは、納豆菌が作った細い糸で、調味料などに使われるうまみ成分の一種、グルタミン酸というアミノ酸です。

グルタミン酸は脳神経細胞間での情報伝達に関わり、大脳の発達に不可欠な成分です。また、グルタミン酸は、免疫力の向上や粘膜の保護に役立ち、細胞の正常な再生を促し、若さの維持、アンチエイジングの機能もあります。

納豆は、畑の肉といわれる大豆に納豆菌をかけて作ります。納豆になると、大豆のたんぱく質の消化がよくなり、栄養素やビタミンが増します。この納豆菌がネバネバ成分を作り出すのです。

納豆を食べる前は、冷蔵庫から出し、よくかきまぜた後20分から30分置いておきましょう。かきまぜて置いておくことにより、納豆菌が増えます。納豆のネバネバが多いほど、健康にいいといえます。

スポンサードリンク
posted by 健康美人 at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。